FC2ブログ

学べる映像集 英語教材、スポーツ戦略、医療、美容、健康ほか専門映像メディア

英語教材、その他教育教材、スポーツ指導、コーチング、歯科、獣医、その他医療、エステ、マッサージ、痩身、健康、美容、エクササイズ、ネイルアートをはじめとする専門映像メディアなど役立つ情報集めました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 春の暖かさがようやく戻り、爽やかなシーズンの到来です。サクラの開花も一気にはじまりいよいよ春本番。大きく深い呼吸で、春の陽気を思い切り吸い込みたくなります。呼吸は鼻でも口からでもできますが、本来は、鼻で呼吸するのが体のためにいいということを知っていますか。鼻を通して呼吸することで、冷たい空気は暖められ、さらに鼻腔を通る際に加湿されます。また、鼻の毛や粘液がフィルターの役割をしてくれ、外気のゴミを取り除いてくれます。一方、口の呼吸は、口内は乾燥させやすくし、喉の炎症や風邪などにも感染しやすくなります。

 ストレッチなどの運動をするときにも呼吸は重要なポイントです。鼻から大きく息を吸い、今度はゆっくりと細く長く息を口から吐き出すことで、気持ちを落ち着けるともに、運動効果を高めてくれる働きがあります。呼吸をうまく活用しながら気分をリフレッシュしてみましょう。

 また、鼻での呼吸は、仕事や作業などの集中力を高める効果があります。仕事でイライラや、落ち着きがなくなってきたな、と感じたら、精神を集中させ、感情を抑えるために、鼻呼吸を意識的に行うというのもいいかもしれません。方法は、まずは姿勢を正し、1)3秒間ほど鼻から息を吸う 2)2秒間ほど止める 3)15秒間ほどかけてゆっくりと息を口から吐く、という手順。今回、ご紹介する座った姿勢で腕を伸ばしながら行うストレッチとあわせて実践してみましょう。

【肩と背中の疲れを取り除くリフレッシュ・ストレッチ】

1.椅子に深く腰をかけ姿勢を正します。両手を組んで前方に伸ばします。背中を丸めるようにして両腕をできるだけ前方遠くへ伸ばすようにしながら、肩から背中にかけての部位をストレッチさせます。その状態でゆっくりと息は吐き出しながら5カウントを数えたら、元の姿勢に戻ります。
21001.jpg



2.椅子に深く腰をかけ姿勢を正します。今度は、体の前で組んだ両手の平を逆に返すようにして両腕の前腕裏側の部位をストレッチさせます。組んだ手の親指を外側に広げるようにしながら手首を返すことで前腕裏側を伸ばすことができます。パソコンなどの作業で疲れた前腕の疲労回復に効果的です。
21002.jpg

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japanlaim.blog106.fc2.com/tb.php/623-97565d52

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。