FC2ブログ

学べる映像集 英語教材、スポーツ戦略、医療、美容、健康ほか専門映像メディア

英語教材、その他教育教材、スポーツ指導、コーチング、歯科、獣医、その他医療、エステ、マッサージ、痩身、健康、美容、エクササイズ、ネイルアートをはじめとする専門映像メディアなど役立つ情報集めました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
35度以上の猛暑日が続く毎日。外を出歩く人にとって、冷房の効いた店内や車内に飛び込んだときに覚える爽快感は、今、最も大切な喜びのひとつとなっていることは間違いありません。その一方で、その空間を苦手としている人も多くいます。冷房による冷えで苦しむ「夏冷え」。冷え性になりやすいのは女性に多い傾向がありますが、この時期、無防備となりやすいおなかや肩といった部分の冷えが特に目立つようです。はらまきやレッグウォーマーなど夏向けの冷え予防グッズなどにも人気が集まっているようです

冷え性予防のためには、太ももやおなか、腰といった血流の多い部分を温めたり、足温浴などによって体温をじっくりと温めていく方法がよく利用されますが、今回ご紹介するような体幹部分を使った体操でも効果を期待することができます。睡眠前の10分間、気持ちをリラックスさせてゆっくりとしたリズムでやってみましょう。腰から背中にかけて、姿勢を正しく保つために働く脊柱起立筋と呼ばれる部位が強化され、背部をスッキリさせることもできます。

1.両足を軽く広げ、直立します。両手でタオルを握り、頭上に持ち上げるようにして全身を伸ばしてください。タオルを握ることで肩から背中にかけての筋肉をストレッチさせることもできます。
20080702001


2.骨盤に意識を向けて、上半身をゆっくりと前傾させていきます。腰に負担を感じるまで折り曲げる必要はありません。肩から腕にかけてストレッチ感を感じながら、腰から背中周辺の筋肉に心地よい刺激が加わるレベルで動きを止めます。
20080702001


3.再び、上半身を起こして元の姿勢にゆっくりと戻ります。イメージ的には、3カウントで前傾させ、2カウントで静止、再び3カウントで元の姿勢に戻るというようにゆっくりとしたリズムを心がけてください。回数は個人差がありますが、8~10回を目標にやってみましょう。腰に痛みやストレスを感じるようであれば回数を減らすか、曲げる角度を浅くしてやってみましょう。
20080702001


睡眠前の10分間、気持ちをリラックスさせてゆっくりとしたリズムでやってみましょう。腰から背中にかけて、姿勢を正しく保つために働く脊柱起立筋と呼ばれる部位が強化され、背部をスッキリさせることもできます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japanlaim.blog106.fc2.com/tb.php/590-46b14a34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。