FC2ブログ

学べる映像集 英語教材、スポーツ戦略、医療、美容、健康ほか専門映像メディア

英語教材、その他教育教材、スポーツ指導、コーチング、歯科、獣医、その他医療、エステ、マッサージ、痩身、健康、美容、エクササイズ、ネイルアートをはじめとする専門映像メディアなど役立つ情報集めました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20080409006


●講 演:Dr. Sajid Jivraj サジッド・ジバラジ
●監 訳:小林 博(東京都開業、日本歯周病学会指導医)
※日本語吹替版(音声多言語:日本語/英語)

審美ゾーンのリスク評価において避けて通れないものには、歯間乳頭、あるいは2本のインプラントのあいだの近位骨、インプラント間のスペーシング、時間の経過とともに消失する骨、周囲の骨のリモデリングなどがありますが、ここでは審美領域のマクロなリスク評価にテーマを絞って講演しています。


●審美の領域のリスク評価について
●インプラント修復の成功基準
  審美的な基準と生体力学的な基準
●患者に対して行っているマクロの審美的分析
●生体力学的リスク解析の例
●診断パラメーターについて
  スマイルライン、歯の位置、バイオタイプ、歯の形、歯槽骨頂の位置
●治療計画の段階で間違いを犯した例
  症例:接着性ブリッジ使用患者のインプラント修復
  症例:交通事故による歯根破折


10,500円
(本体価格:10,000円 消費税:500円)


詳細はこちらへ


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://japanlaim.blog106.fc2.com/tb.php/563-367b743b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。