学べる映像集 英語教材、スポーツ戦略、医療、美容、健康ほか専門映像メディア

英語教材、その他教育教材、スポーツ指導、コーチング、歯科、獣医、その他医療、エステ、マッサージ、痩身、健康、美容、エクササイズ、ネイルアートをはじめとする専門映像メディアなど役立つ情報集めました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5497_1.jpg

■実技・解説:小柳 公譽(コヤナギ マサタカ)D.C

筋骨格を扱う手技の世界では、四肢の問題は、外傷が原因ではない限り、脊柱に原因が存在するという共通した考え方がありますが、根本原因である足の骨格を適切に治療しなければ、症状の改善や解消は思うように進みません。つまり足の骨格の可動性の綿密な検査と丁寧な調節が、その膠着状態を打破するカギになるのです。この「シンクロ矯正法」は小柳公譽D.C.の長年に亘る臨床経験の中から生まれてきた、非常にシンプルで、使い易く、その上見た目以上に効果的なテクニックなのです。このDVDではその理論と基本となる四肢のテクニック、そして実際のシンクロ矯正法まで詳しく紹介しています。皆様方が今まで培ってきた技術に、この「シンクロ矯正法」を付け加えることで、治療がシンプルに、そして肌理細やかになることを実感できることと思います。



第1巻 シンクロ矯正法概論/下肢の関節の検査・矯正法  (58分)
シンクロ矯正法とはいったいどんなものなのか? この巻ではその理論と、その基本的テクニックとなる下肢の検査と矯正の方法を紹介。
●シンクロ矯正法概論
 ・手足は姿勢に大きな影響を与える
 ・足の構造的な歪みが上位関節に影響を与えるメカニズム(作用・反作用の原理)
 ・固有受容性刺激の歪曲
 ・四肢テクニックの必要性(脊柱・骨盤の治療だけでは不十分なケース)
・治療に関する注意事項
●下肢の各関節の検査法と矯正法
 「股関節」「膝関節」「膝蓋大腿関節」
 「脛腓関節」「足関節」「距踵関節」「距舟状関節」
 「舟楔状関節」「踵立方関節」「舟立方関節」
 「第1足根中足関節/第1基節関節・趾節関節」
 「第2足根中足関節/第2基節関節・趾節関節」
 「第3足根中足関節/第3基節関節・趾節関節」
 「第4足根中足関節/第4基節関節・趾節関節」
 「第5足根中足関節/第5基節関節・趾節関節」


第2巻 上肢の各関節の検査法と矯正法       (44分)
上肢のシンクロ矯正法を行う上での基本的テクニックとなる上肢の検査と矯正の方法を紹介。
 「肩関節」「肘関節」「橈舟状関節」「橈月状関節」
 「大菱形舟状関節」「小菱形舟状関節」「尺月状関節」
 「月有頭関節」「尺三角関節」「三角有鉤関節」
 「第1手根中手関節/第1基節・指節関節」
 「第2手根中手関節/第2基節・指節関節」
 「第3手根中手関節/第3基節・指節関節」
 「第4手根中手関節/第4基節・指節関節」
 「第5手根中手関節/第5基節・指節関節」


第3巻 シンクロ矯正法の実際           (66分)
各腰椎・骨盤内関節の検査と足の関節によるシンクロ矯正法」と「各頚椎・肩帯関節の検査と手の関節によるシンクロ矯正法」の実際を紹介。
●足からのシンクロ矯正法
 「仙腸関節の検査-足関節によるシンクロ矯正法」
 「股関節の検査-距舟状関節によるシンクロ矯正法」
 「膝関節の検査-舟楔状関節によるシンクロ矯正法」
 「脛腓関節の検査-舟立方関節によるシンクロ矯正法」
 「第1腰椎の検査-第1足根中足関節によるシンクロ矯正法」
 「第2腰椎の検査-第2足根中足関節によるシンクロ矯正法」
 「第3腰椎の検査-第3足根中足関節によるシンクロ矯正法」
 「第4腰椎の検査-第4足根中足関節によるシンクロ矯正法」
 「第5腰椎の検査-第5足根中足関節によるシンクロ矯正法」
 「第12胸椎の検査-中足立方関節によるシンクロ矯正法」
 「第11胸椎の検査-踵立方関節によるシンクロ矯正法」
●手からのシンクロ矯正法
 「胸鎖関節の検査-橈舟状関節によるシンクロ矯正法
 「肩関節の検査-橈月状関節によるシンクロ矯正法」
 「肘関節の検査-大小菱形舟状関節によるシンクロ矯正法」
 「第1頚椎の検査-第1手根中手関節によるシンクロ矯正法」
 「第2頚椎の検査-第2手根中手関節によるシンクロ矯正法」
 「第3頚椎の検査-第3手根中手関節によるシンクロ矯正法」
 「第4頚椎の検査-第4手根中手関節によるシンクロ矯正法」
 「第5頚椎の検査-第5手根中手関節によるシンクロ矯正法」
 「第6頚椎の検査-中手鉤状関節によるシンクロ矯正法」
 「第7頚椎の検査-鉤状三角関節によるシンクロ矯正法」


25,200円
(本体価格:24,000円 消費税:1,200円)


詳細はこちらへ

スポンサーサイト
20080527012

■実技・解説:山本尚司(運動連鎖アプローチ研究所、理学療法士)
商品No.ME73-S
運動連鎖(Kinetic chain)は字のとおり運動が鎖のように連なっていくことで、日常生活の動きやスポーツ競技における関節などの運動にはすべて運動連鎖が見られます。このような円滑な動きを促すことで、実際の理学療法においても障害の予防や機能障害の改善が期待できます。運動連鎖は運動学、動作分析を専門とする理学療法士にとってなくてはならない概念といえます。ここでは筋緊張、筋膜の流れ、関節の圧迫牽引がどのように行われているかを触察から見た動作分析という方法を用いてアプローチしています。


第1巻 運動連鎖アプローチ総論    (60分)
第2巻 運動連鎖の評価1       (62分)
第3巻 運動連鎖の評価2   (60分)
第4巻 頭蓋運動連鎖/ウォーキング  (59分)

2008.5


29,400円
(本体価格:28,000円 消費税:1,400円)



詳細はこちらへ

20080527011

■実技・解説:竹井 仁
       首都大学東京健康福祉学部理学療法学科准教授
       医学博士・理学療法士
商品No.ME74-S

筋膜リリースは、徒手による構造学的評価と治療で、全身の筋膜を対象として単なる筋膜の伸張ではなく、筋膜のねじれ・ゆがみをリリースする(=解きほぐす)手技です。
リリースによって筋膜制限を元に戻し、筋と筋の間、もしくは筋と他の構成物の間の可動性や伸張性を改善し、正常に機能できるように助けるというものです。
このシリーズでは、筋膜リリースの理論から、約30ものリリーステクニック、さらに骨盤帯機能異常を例にとり、その治療の流れを竹井仁氏の実技と解説でわかりやすく紹介しています。


第1巻 基礎編(筋膜リリースの理論) (72分)
第2巻 技術編(筋膜リリースのテクニック) (62分)
第3巻 骨盤帯機能異常治療編        (62分)

2008.5


22,050円
(本体価格:21,000円 消費税:1,050円)



詳細はこちらへ


20080527010

■実技・解説:Tom Myers トム・マイヤーズ
■監修:福井 勉(文京学院大学保健医療技術学部教授・理学療法学科長

アナトミー・トレインとは、体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して組織の緊張が伝わることにより、どのように姿勢と動作の安定を得られるかを解明する画期的な理論です。
トム・マイヤーズの解説と実演を見せるだけのプログラムではなくレッスン風に各テクニックを丁寧に指導。患者のコメント、トムが与える手技や治療者の身体の使い方についての注意など、そのすべてがあなたの学習をバックアップ。それぞれのライン(経路)のテクニックを充分にマスターでき、自信を持って実践することができるよう工夫されたプログラムです。

各巻の構成:
 - アナトミーのおさらい
- 各ラインに関連して良く見られる問題やパターン
- 各筋膜における多彩なリリース・テクニックとそのバリエーション


第1巻 Superficial Back Line
    スーパーフィシャル・バックライン (67分)
第2巻 Superficial Front Line
    スーパーフィシャル・フロントライン (62分)
第3巻 Lateral Line
    ラテラル・ライン          (67分)
第4巻 Spiral Line
    スパイラル・ライン         (65分)


2008.5

33,600円
(本体価格:32,000円 消費税:1,600円)


詳細はこちらへ
20080409005


患者の問題を解決するため、効率的かつ効果的な理学療法を実施するには、優れた検査・治療技術に加え、クリニカルリーズニング(臨床における諸現象を理解するために、得られた情報を理論的に分析・解釈し、未知の事柄を判断し決定していく過程)のスキルが不可欠となっています。
そこでこのDVDでは「腰椎」に焦点をあて、クリニカルリーズニングにもとづいた治療プロセスを、問診から各種検査、治療まで詳しく紹介しています。


第1巻 主観的検査・客観的検査 (80分)
  ●クリニカルリーズニングとは
●マニュアルセラピーの流れ
● 模擬患者に対する主観的検査の実際
 ・イリタビリティ
 ・主観的検査の項目
 ・主観的検査の実際
  ボディチャート
  症状の24時間の動向、症状の増悪因子,軽減因子
●客観的検査
「客観的検査とは」
「症例を想定した客観的検査の実際」
 【立 位】自動運動(屈曲→伸展→側屈→組み合わせ運動)
 【座 位】回旋
 【立 位】神経学的検査:S1神経根
 【背臥位】ニューロダイナミックテスト(PNF、SLR)
      神経学的検査(反射、筋力、感覚)
      鑑別診断(仙腸関節のスクリーニング)
 【腹臥位】ニューロダイナミックテスト(PKB)、触診、
      他動椎間副運動(Central PA, Unilateral PA, Transverse Pressure)、再評価
 【側臥位】他動椎間生理学的運動(屈曲-伸展、側屈、回旋)、再評価

第2巻 他動運動による治療 (70分)
●治療(講義)
 「マニュアルセラピーの適応」
 「ムーブメントダイアグラム」
   痛みによる制限
   抵抗による制限
   スパズムによる制限
   他動運動のグレーディング
「制限因子による分類-治療としてどこまで動かすべきか?」
   ・.痛みによって運動が制限されている場合
   ・.痛みが抵抗よりも優位な場合
   ・.抵抗が痛みよりも優位な場合
   ・.抵抗によって運動が制限されている場合
●治療の実際
「模擬ケースの治療」
 ・模擬ケースの治療の考え方
 ・副運動を用いた治療
Unilateral PAテクニック → 再評価
   伸展位でのUnilateral PAテクニック×2 → 再評価
   伸展位・右側屈でUnilateral PAテクニック×2 → 再評価
 ・他動椎間生理学的運動を用いた治療
   右回旋 → 再評価
「一般的なケースの治療」
 ・他動椎間生理学的運動を用いた治療
   屈曲、側屈
「急性期での治療(疼痛の軽減を目的とした治療)」
   トラクション(牽引)、オープニング 他
●治療の進行
●予後の考え方


12,600円
(本体価格:12,000円 消費税:600円)


詳細はこちらへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。